抗アレルギー薬としてアレグラを多くの人に利用されていますが、実際にアレグラはどの様に作用して症状を緩和しているのでしょうか?今回はアレグラの成分や効果について詳しく解説するので、知識を身に着けて安心してアレグラを服用しましょう。

  • ホーム
  • アレグラは授乳中の方は注意!ミルクと空気清浄機を!

アレグラは授乳中の方は注意!ミルクと空気清浄機を!

目が異常にかゆくなったり鼻水が止まらなかったりする花粉症の症状は辛く、症状を和らげるために薬を飲んでしまいたくなるものです。
普通の人が花粉症の薬を使うことに何ら問題はありませんが、赤ちゃんに母乳をあげている授乳中の女性だと服用には注意が必要です。
母乳は母体が口にした物の成分に影響を受けやすいので、薬を服用するとその成分が母乳を通して赤ちゃんの体内に入ってしまう危険性があります。
母乳を飲んでいる状態の赤ちゃんは体が未発達なため、薬の成分が体に負担をかけてしまうことがあるためお母さんが薬を飲む時は授乳は控えるようにした方が良いです。

授乳中の方が花粉症の薬を飲むのなら、早めに効果が出る薬を服用し花粉症の症状を改善するようにしましょう。
市販の薬は効き目が遅いので、医療機関を受診して効果の高い医療用の薬を処方してもらうようにします。
すぐに効果がある薬としておすすめなのは、アレルギー症状を改善する働きのあるアレグラです。
アレグラは体内のヒスタミンと呼ばれる物質を抑制することで、アレルギー症状も抑制する作用があります。

ヒスタミンはアレルギー症状を起こす主な原因であり、過剰に分泌されることで体に悪い影響を及ぼします。
ヒスタミンを抑制する薬は眠気がするタイプが多いですが、この薬に関してはその副作用の心配がありません。
効果は1時間もすると表れるのですぐに効き、10時間前後は効果が長続きするので1錠飲むだけでも症状がかなり改善されます。

赤ちゃんに母乳をあげている方は、アレグラを使用し集中的に花粉症を改善しましょう。
その間は母乳ではなく赤ちゃんに市販のミルクを飲んでもらい、赤ちゃんにも花粉症の症状が出ないように空気清浄機で室内をキレイにすることを心がけましょう。
花粉症は花粉のアレルギーが原因ですので、室内に花粉のアレルギーが蔓延しないように清潔にすることが重要です。