抗アレルギー薬としてアレグラを多くの人に利用されていますが、実際にアレグラはどの様に作用して症状を緩和しているのでしょうか?今回はアレグラの成分や効果について詳しく解説するので、知識を身に着けて安心してアレグラを服用しましょう。

  • ホーム
  • アレグラと乳酸菌と検査について

アレグラと乳酸菌と検査について

アレグラは抗ヒスタミン薬と呼ばれるタイプの薬であり、原因となるヒスタミンという物質の作用を抑える働きがあります。
そのためアレルギー症状を効率よく改善することができるでしょう。
抗ヒスタミン薬の中でも比較的新しいタイプの薬であり、副作用などが起きにくいと言われています。
アレグラは1日2回服用することになりますが、服用量は年齢によって変わります。

花粉症にはヨーグルトが良いと言われており、実際に食べているという人も多いでしょう。
それは花粉症が腸の中の乳酸菌などの善玉菌が関係しているためであり、乳酸菌などの善玉菌が増えると花粉症の症状が改善することが分かったためです。
アレグラを服用してもなかなか効果を実感できないという場合、乳酸菌を多く含むヨーグルトを食べてみると良いでしょう。

しかし、実際にヨーグルトなどの乳製品が花粉症に効果があるということは分かっていません。
ヨーグルトの元である牛乳はもともと仔牛が飲むためのものであり、人間が飲むには無理があると言われています。
牛乳には乳糖と呼ばれるものが含まれていますが、乳糖を過剰に摂取すると下痢などを引き起こしやすくなります。
乳酸菌の多いヨーグルトにも乳糖は含まれていますが、牛乳1本に含まれる乳糖は10mg前後と言われており、気にするほどの量ではありません。

腸内環境を改善するためにはたくさんの乳酸菌が必要であり、ヨーグルトをかなり大量に食べる必要があるのです。
牛乳には仔牛を成長させるための成分がたくさん含まれていますが、人間にはその成分が強すぎることもあります。

また、骨を強くするために牛乳を飲んでいても骨粗鬆症になってしまうという説もあります。
骨の状態を知りたいという場合、病院で検査を受けると良いでしょう。