抗アレルギー薬としてアレグラを多くの人に利用されていますが、実際にアレグラはどの様に作用して症状を緩和しているのでしょうか?今回はアレグラの成分や効果について詳しく解説するので、知識を身に着けて安心してアレグラを服用しましょう。

  • ホーム
  • アレグラとアレルギー用食品、うなぎアレルギー

アレグラとアレルギー用食品、うなぎアレルギー

アレルギーが起きても、アレグラなどの抗ヒスタミン薬を使えば症状を改善させることができます。
花粉症、じんま疹、アトピー性皮膚炎の人には心強い薬です。
薬局でも買うことができるので、急にアレルギーが起きたときの対処用として常備しておくと安心です。

食物アレルギーがある人は、アレルギー用食品を活用することでQOL(生活の質)を向上させることができます。
アレルギー用食品には、小麦粉を使わないグルテンフリーのものや、乳製品を使わない製品があるので、調理の時にバリエーションを増やすことができます。

うなぎは、魚の中では比較的アレルギーを起こしやすい食物に分類されています。
うなぎ特有というよりも、うなぎアレルギーを持っている人はほとんどの魚に対してアレルギー反応を起こしてしまうことが多いです。
これは、魚類に含まれている共通のIgE抗体を持つ抗原交差性によるものです。

アレルゲンと似たようなたんぱく質の構造に反応して、アレルゲンとは違うものでも、アレルギー反応を起こしてしまう症状です。

うなぎを食べた直後にアレルギー反応が出た場合には、うなぎそのものが原因なのか、それとも餌が原因なのかを見極める必要があります。
過去の症例では、中国の養殖うなぎの餌に含まれている物質が原因でアレルギー反応を起こしたことが報告されています。

魚そのものが原因の場合には、パルプアルブミンとコラーゲンという筋肉中のたんぱくが関係しています。
これはうなぎだけではなく、様々な魚の筋肉中に主要なたんぱく質として存在しています。

起こりうる症状は、じんま疹、嘔吐、下痢、といったものです。
また、口に入れた時に口の中がかゆくなったり、痛くなったりする口腔アレルギーを伴うこともあります。