抗アレルギー薬としてアレグラを多くの人に利用されていますが、実際にアレグラはどの様に作用して症状を緩和しているのでしょうか?今回はアレグラの成分や効果について詳しく解説するので、知識を身に着けて安心してアレグラを服用しましょう。

アレグラは、成分名がフェキソフェナジン塩酸塩という、抗アレルギー薬です。
このフェキソフェナジンという成分について事前に知っておきましょう。

人の体はアレルギー物質の刺激を受けると、体内の細胞からヒスタミンと呼ばれる化学伝達物質が放出され、ヒスタミンがH1受容体と結合することで、かゆみや炎症といったアレルギー症状を引き起こします。
フェキソフェナジンは、ヒスタミンとH1受容体の結合を阻害する働きを持つため、アレルギー症状を抑えることができるというものです。

抗ヒスタミン作用を持つ、抗アレルギー薬は、主に、第一世代、第二世代というように分けられます。
第一世代の抗アレルギー薬は、中枢神経抑制作用が強いと言われており、眠気やめまいなどの副作用が発現しやすいとされています。
第一世代の、その他の副作用としては、抗コリン作用や消化器系の副作用が考えられます。
抗コリン作用というのは、副交感神経の働きを抑制する作用という意味ですが、具体的には、口渇や尿閉、便秘や頻脈などといった症状が発現する可能性があります。

消化器系の副作用としては、悪心、嘔吐、下痢や上腹部痛といったものがあります。

一方、第二世代の抗アレルギー薬についてですが、これらの薬剤は血液脳関門と呼ばれています。
脳にとって有害な物質を中に入らないようにしてくれる部分を通過しにくいため、第一世代の抗アレルギー薬によりも、はるかに中枢神経系の副作用や、抗コリン作用が少ないと言われています。
第二世代であるアレグラはアレルギー症状を緩和させる効果が高く中枢神経抑制がほとんどないものに分類され、その点からも、副作用が起こりにくいということが言えます。
その他、第二世代の抗アレルギー薬は、第一世代のものと比較して、一般的に作用時間が長いですが、効果発現もゆっくりしているという特徴を持ちます。
アレグラが抗アレルギー薬の中で、副作用が少ないというのは、本当のことですが、副作用の発現には個人差があるため、予測することは難しいです。
薬剤を服用する時には、副作用の発現の可能性も考慮に入れておく必要があります。