抗アレルギー薬としてアレグラを多くの人に利用されていますが、実際にアレグラはどの様に作用して症状を緩和しているのでしょうか?今回はアレグラの成分や効果について詳しく解説するので、知識を身に着けて安心してアレグラを服用しましょう。

アレグラと化学物質と支援ネットワークについて

日本は、様々なアレルギーの症状で悩む人が多いです。
アレルギーの悩みを抱える患者のための支援ネットワークも多いです。
アレルギーの原因は、食物や化学物質、金属、花粉など様々です。

昔に比べて、環境が大きく変わったこともアレルギーの原因だと言われています。
食物アレルギーは、体から異物を排除しようとする免疫機構の働きによって起こります。
アレルギーの症状は、体の様々な部分に出てきます。
特に多いのが、皮膚に出る蕁麻疹です。

花粉症や蕁麻疹の治療に使われる薬のひとつが、アレグラです。
アレグラの主な成分は、フェキソフェナジンです。
アレルギーの症状には、ヒスタミンが関係しています。
フェキソフェナジンは、ヒスタミンの働きを抑制します。

花粉症や蕁麻疹のほか、かゆみや湿疹にも効果を発揮します。
アレルギー反応が出ると、免疫系の細胞からヒスタミンなどの化学伝達物質が出てきます。
そして、ヒスタミンが神経受容体と結びつくことで花粉症などを発症するのです。

アレグラは、第2世代の抗ヒスタミン薬として広く知られています。
フェキソフェナジンは、効果が出るのが早く、持続時間も長いため人気があります。
くしゃみや鼻水に対する効果が高く、アトピー性皮膚炎の患者の痒みを緩和するためにも使われています。

従来の抗ヒスタミン薬は、眠くなる薬も多いのですが、アレグラは、眠くなることがほとんどないです。
重い副作用などもないです。
ただ、アレグラを長期間服用する場合は、定期的に肝機能検査を受けた方が安心です。
アレグラを服用して、冷や汗が出たり、手足がしびれたり、顔などが腫れたりした場合は、すぐに薬の使用を中止して医師の診察を受けることが大事です。