抗アレルギー薬としてアレグラを多くの人に利用されていますが、実際にアレグラはどの様に作用して症状を緩和しているのでしょうか?今回はアレグラの成分や効果について詳しく解説するので、知識を身に着けて安心してアレグラを服用しましょう。

リンク色確認用サンプルページ12月までに削除予定

被リンクとは、サイトからサイトに貼れるリンクのことを意味します。
例えば、自身のサイトに向けて他のサイトからリンクを貼られた場合のリンクが被リンクとなります。 症状の原因はサンプルです。

被リンクはなぜ生じるのか

基本的には、サイトを訪れたユーザーが良いと思った、紹介したいなどの理由があって被リンクを貼ります。
SEO対策の施策としての被リンク対策で被リンク獲得数を増やすために自作自演で貼るなどの行為でも生じます。
また、ネガティブSEOやスパムの手法として被リンクを貼るという行為もあります。

SEOと被リンクの関係

SEO対策の中でも被リンク対策は重要です。
ですが、被リンク獲得数が多ければSEO対策として有効ということではありません。

以前は、作為的に他のサイトやサテライトサイトからリンクを大量に貼ってSEO対策を行うということが行われていました。
その結果、サイト自体の価値やユーザーが求める検索結果とは異なり、被リンクが多いだけで上位表示されているという状態になりました。

Googleは最適な検索結果を提供するために、アルゴリズムを変更し被リンクに対する評価方法に変更を加えました。

これを受けて以前から横行していた手法は通用しなくなりました。

  • リスト
  • ひとつのドメインから大量にリンクが貼られている
  • リンク元がスパムサイトやキーワードを羅列しただけの不自然なコンテンツ
  • 粗末なサテライト

上記のようなサイトからの被リンクは、SEO対策のために行われた悪質な被リンクであると判断され、Googleペナルティなどのリスクもあります。 強調文字になります。強調文字になります。強調文字になります。強調文字になります。強調文字になります。強調文字になります。

量より質に変化

SEO効果がある被リンクは量より質が大切になります。
自然発生して増えていく被リンクがSEO効果が一番高くなります。
そのためには、コンテンツの質を高めることが大切なポイントになります。

質の高いコンテンツとは、ユーザーのニーズを満たすコンテンツです。
キーワードが不自然に多用されただけの内容が薄いコンテンツはGoogleからの評価を下げるだけでマイナス効果しかありません。

detailsタグ

補足文テキスト補足文テキスト補足文テキスト補足文テキスト補足文テキスト
アンカーテキスト

被リンク対策とは何か

被リンク対策とは被リンクを得るために行う施策のことです。
コンテンツを高めたり、SNSを利用したり、サテライトサイトを構築したりと多くの手法があります。
中古ドメインの利用も被リンク対策のひとつと言うこともできます。

被リンクが生むペナルティの可能性

被リンクはSEO効果やサイトの価値を高めるために必要な要素ですが、一方で被リンクが原因でペナルティになるケースも多くあります。
Googleから被リンクが原因で手動ペナルティや自動ペナルティを受けることも多くあるからです。

ペナルティやリスクを生む、被リンクについて考えてみましょう。

低品質な被リンクのリスク

これまでは、被リンク対策が重要視されていましたが以前のように質が伴われない被リンクは効果を生まなくなりました。
被リンクの数だけ持っているだけの、サイト内容が薄く低品質なサイトが上位表示されてしまっていたからです。

Googleはアルゴリズムのアップデートを行い対処しています。
しかし、被リンクはSEO対策に重要な要素です。

低品質なサイトが原因

質の悪いサテライトの特徴として以下が例としてあげられます。

  1. デザインの悪さ
  2. 更新していない
  3. SEO対策用であることがわかりやすい
  4. プログラムで生成した支離滅裂な文章
  5. キーワードの詰め込み

このようなサイトをいくら作成しても、何の価値がありません。
それどころか、リスクしか生まないでしょう。

スパム行為を行っていないか

質の悪いサテライト自体やそこからの被リンクはスパム行為として判断される場合もあります。

順位を上げたいためにキーワードを多数使う行為、クローキングと言ってユーザーには通常のページを見せるが検索エンジンでは文字だけを見せる行為などはスパム行為と判断されます。
また、背景色と同じ文字色を使う、文字を読めないほどに小さくするなどの隠しテキストもスパム行為に該当しますので注意が必要です。

Googleには手動(人の目で確認)と自動(ロボットが検出)のふたつのペナルティがあり、どのような行為が抵触するのか理解しておきましょう。

見出し見出し

補足文テキスト補足文テキスト補足文テキスト補足文テキスト補足文テキスト
アンカーテキスト

リンクペナルティを意識しておく

自作自演を問わず、被リンクによってGoogleペナルティを受けてしまう可能性があります。
質の悪いサイトからリンクをすることで可能性が大きくなります。

自演でない場合でもどこからか知らない間に貼られ、ペナルティになってしまうことも考えられます。

呑酸
呑酸とは、喉の奥から口にかけて、酸っぱいものや苦いものが上がってくることです。
これは、胃酸や胆汁酸、膵液などが逆流するためです。
胃酸は強い臭いを伴うため、口臭がきつくなることもあります。
口の中が不味くて眠れない、口臭が気になって人と話せないなど、社会生活に支障をきたすことがあります。
一度限りではなく、何日も呑酸が続く場合は、受診、検査が必要です。
胸やけ
呑酸により、食道が刺激を受けるために胸やけを感じるようになります。
頻繁にゲップが出たり、喉の奥がつかえているような感じがします。
胸がムカムカし、息苦しさに似た症状を感じます。
胸やけにともない、痛みを感じることもあります。
消化前の食べ物が逆流する
食べた物が、一口分ほど胃から上がってきて口へ逆流します。
呑酸をともなう場合もあり、その味は不味くとても不快なもので、不眠の原因にもなります。
みぞおちの痛み
痛みをまったく伴わない人もいますが、中にはみぞおちがキリキリと痛んだり、重く感じる人もいます。
悪心・嘔吐
呑酸がひどくなると、その不快感から嘔吐してしまうこともあります。
声枯れ
呑酸によって食道が荒れてしまうため、喉がイガイガしたり、声が枯れることがあります。
食べ物が飲み込みにくい
食道の炎症が続いてしまうと、食べたものを飲み込みにくくなる、いわゆる狭窄が起こります。
炎症により、食道の壁に凸凹ができてしまうためです。
膨満感
常に満腹な感覚があり、食事がとりにくくなることがあります。
空腹なはずなのに、少し食べただけでゲップが出始め、残りが入らなくなってしまいます。
吐血
呑酸を放置してしまうことで食道の炎症が進んでしまい、吐血してしまうことがあります。
食道は本来粘膜で守られていますが、胃酸の逆流により粘膜が破壊され、血管にまで炎症が広がっているということになります。
吐血が見られたら、かなり症状が進んでいるということになります。
空咳
胃酸の逆流が喉を刺激することにより、咳が出ることがあります。
また、喘息の持病を持っている人は、悪化してしまうことがあります。

品質に関するガイドラインを読んでおく

Googleの品質に関するガイドラインを良く読み、理解することが大切です。
やらないほうがいい行為や、ペナルティに関する内容、正しいサイト運用の在り方など様々な情報を得ることができます。

品質に関するガイドラインを遵守することがサイト運用に関してもSEO対策に関しましても求められています。

ペナルティを回避するには

ペナルティになる可能性を低くするためには、質を高めることです。
サテライトの質、サイトの質、受けている被リンクの質、様々な要素の質を意識しましょう。

自作自演の場合も、サテライトの質は勿論、アンカーテキストや被リンクを貼る速度や貼り方の自然かつ効果的なやり方で行うべきです。

中古ドメインの利用も考えておく

中古ドメインはSEO対策に有効です。
中古ドメインは運用履歴があり被リンクも持っており、上位表示されやすい傾向があるからです。
サイトリリースしてからの経費と時間の削減ができ、効果を得ることができるはずです。

しかし、中古ドメインの被リンクを精査することは重要です。
中古ドメインを利用することでのペナルティは発生しません。
はじめからペナルティを持っている中古ドメインなら話は別ですが、ペナルティを持っていない中古ドメインで適切な運用を心掛ければリスクはありません。
精査をしっかり行い長く運用できれば、中古ドメインはとても有効なものなのです。